【いくのな商品】一家にひとつのロングセラー!「ウタマロ石けん」|大阪市生野区の魅力紹介(いくのぐらし)

【いくのな商品】一家にひとつのロングセラー!「ウタマロ石けん」

【いくのな商品】一家にひとつのロングセラー!「ウタマロ石けん」

昭和32年発売!レトロな外観なのに汚れに強い!

 
 いくのなライター・てるみんです。

 暑いですね……そんな中でもジャケットを着なければならない仕事でして、特に白のジャケットが多いのですが(こちらの記事参照)、襟もとがすぐ汚れるのが悩みの種。

 我が家ではそんな時、「ウタマロする」のです。
 ええ、もう動詞となっています。
 「ウタマロ石けんで部分洗いをする」の省略形です!



昭和32年発売!レトロな外観なのに汚れに強い!

 
 区長になる前から愛用していたので、本社が生野にあると知ってうれしくなりました。
 巽東に本社があります。



  昭和レトロな見た目、どっかりと存在感のある(そしてなかなか減らない)頼もしい石けん。

  今も人気なのは、ガンコな汚れが落ちるだけでなく、手にやさしく、しかも「飲食店の業務用油のリサイクル」だそうで、レトロなのに最先端やん!SDGs(持続可能な開発目標)やん!というイケてる商品です。



  ただ、どうしても謎なのが「ウタマロ」の由来……。

  創業者が歌麿さんという名前でもなく、生野に歌麿さんがいたなんて話は聞いていない。ましてや「汚れ落ち」「緑色」「肌にやさしい」のどれも歌麿要素は無い。

 答えはホームページにありました!

 


 

 
 「江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿がネーミングの由来!」……って、ウタマロが多分その歌麿なのは察してたから、問題はそこちゃうねん!「なぜに浮世絵師と洗剤が関係あるの?」が知りたいんです!

  読み進めるとネーミングの歴史がわかりました。

  https://www.e-utamaro.com/history
 

 創業者が日本版画が好きで、最初の商品(化粧紙=ティッシュ)が「広重」、第2弾が「歌麿」だったそうです。ナイス!オーナーの趣味全開!売れる名前かどうかはともかく、ネーミングはものづくり自営業の特権!そして今も続くロングセラーなのが素敵です。

  ありがたいことに、同じく生野区のロート製薬さんなどと一緒に、生野区で母子手帳をもらった妊婦さんにプレゼントされる「いくのっこぶくろ」にも、ウタマロ石けんを提供してくださっています! 

 


※「いくのっこぶくろ」について、詳しくはこちら↓
https://ikunokukodomokosodateplaza.com/news/2018/12/ikuno310104/

 部活で泥だらけになるユニフォームの洗濯や、台所周りの掃除にも大活躍。
 一家にひとつ、いくのなエコ石けんをどうぞ!


 
 株式会社東邦
 住所:大阪市生野区巽東2-19-19
 TEL:06-6754-3181
 https://www.e-utamaro.com/

 いくのなライター:てるみん
 プロフィールページ

一覧に戻る

  • 【てんぷらー】「ボンアケニチズツクル」(てんぷらーイベント「第39回まちカフェ」)

    2019.08.18

    【てんぷらー】「ボンアケニチズツクル」(てんぷらーイベン...

  • 【夏野菜編②】「収穫した!食べた!」いくのなおっちゃんたち「野菜をつくる」!

    2019.08.14

    【夏野菜編②】「収穫した!食べた!」いくのなおっちゃんた...

  • 【いくのな商品】一家にひとつのロングセラー!「ウタマロ石けん」

    2019.08.10

    【いくのな商品】一家にひとつのロングセラー!「ウタマロ石...

時間貸し駐輪車

サイト内検索