【いくのなスイーツ】寺田町で甘い時間を……「洋菓子サフラン」|大阪市生野区のカフェ情報

【いくのなスイーツ】寺田町で甘い時間を……「洋菓子サフラン」

【いくのなスイーツ】寺田町で甘い時間を……「洋菓子サフラン」

上品なバタークリームが至福の看板ケーキがイチオシ!


 クリスマスシーズン、そろそろケーキの予約をしなきゃ……というご家庭も多いことでしょう。生野区内には素敵な洋菓子屋さんがいくつもありますので、ぜひみなさんの「推しケーキ」を教えてくださいね。

 今日は、寺田町にある「洋菓子サフラン」をご紹介します。
 
 創業は1967年、生野区で50年続く洋菓子店。ホームページには大阪の庶民の町に、手頃な価格で本格的な洋菓子をという、どことなく生野魂(いくのだましい)を感じるようなフレーズがありました。素敵です。

 お店の外観を取り損ねましたが、寺田町駅近くの2階建ての店舗です。このお店が本店で、2階に喫茶スペースがあります。

 疲れた時にふと立ち寄ると、ショーケースに並ぶケーキたちにぱぁっと心が晴れます。色とりどりのケーキって魅惑的ですよね。

上品なバタークリームが至福の看板ケーキがイチオシ!


 マカロンや焼き菓子も充実していて「いくのな手土産」としても使えます。




 どら焼きは和菓子では……なんてツッコミを入れるなんて野暮なことはせず、「芋生どら(鳴門金時)」を手に入れて帰りたいところです。おいしそう!


 
「さつまいもクッキー」「パンプキンクッキー」も、季節限定につられて買いたくなります。コーヒーや紅茶にもよし、ホットミルクにもよし、ほうじ茶にも合いそうですね。


 「自分にごほうび」で、ちょっとぜいたくなチョコレートを買って帰るのもいいなぁ……。もちろん、家族や恋人へのプチギフトにも気が利いていておすすめです。


 でも、一番の「自分にごほうび」は、2階の喫茶スペースで好きなケーキを選んでゆっくり楽しむ時間。この日は、お店の看板ケーキである「サフラン」を選びました。


 
 階段状に美しく塗られた少し黄色がかったバタークリームに、ごろっと入ったフルーツとさっぱりした生クリーム。バタークリームのケーキは最近見ないので、どことなく懐かしさも感じます。


 たっぷり2杯分ついてくるコーヒーとケーキの甘い時間……。仕事も悩み事も家に帰ったら山積みになっている家事も忘れて、うっとり癒されます。

 自分だけケーキを食べた罪悪感は「クリスマスケーキの下見」と言い訳しながら、予約用のチラシを持って帰りました(笑)。


〔引用元〕http://www.safran.co.jp/topix.htm

 モンブランのクリスマスケーキや、卵を使わない「ノンエッグデコ」ケーキがあるのも嬉しいですね!毎年、違うケーキ店で「いくのなケーキ」を買って楽しむのもいいかもしれません。

 おすすめスイーツやケーキ店情報、お待ちしています!

 

〔店舗情報〕
洋菓子サフラン 寺田町店

大阪市生野区生野西2-1-32
Tel:06-6741-4976

営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週木曜日※ 年末年始の休日は1/1、12/26の予定

ライター:編集部

一覧に戻る

  • 【オープン】小路駅、新マンション一階にセブンイレブン!

    2020.02.26

    【オープン】小路駅、新マンション一階にセブンイレブン!

  • 【「お好み焼きの歴史」の著者、日浦遼介くん絶賛!「仁屋」のお好み焼き!】

    2020.02.25

    【「お好み焼きの歴史」の著者、日浦遼介くん絶賛!「仁屋」...

  • 【お好み焼きの歴史!】新巽中学校2年生、日浦遼介くんがお好み焼きの歴史を調査・報告!

    2020.02.25

    【お好み焼きの歴史!】新巽中学校2年生、日浦遼介くんがお...

時間貸し駐輪車

サイト内検索