【グルメ】季節限定・いちごサンドがおすすめ!「倉式珈琲 生野たつみ店」|大阪市生野区のランチ情報

【グルメ】季節限定・いちごサンドがおすすめ!「倉式珈琲 生野たつみ店」

【グルメ】季節限定・いちごサンドがおすすめ!「倉式珈琲 生野たつみ店」

歴史も学べる!?巽南のゆったりカフェ


 ある朝、スケジュールミスで時間をつぶすことになり、前から気になっていた「倉式珈琲」に入ってみました。 
歴史も学べる!?巽南のゆったりカフェ



 なんとなく高級感のある佇まい……。

「生野っぽくない!」と思ってしまうのは、いいことなのかイケないことなのか。

 
 店内は開放感があって、リラックスできます。
雑誌もたくさん置いてあり、ゆったりコーヒーを飲みながら朝の時間を楽しめます。

 生野区には落ち着くレトロな純喫茶も多くありますが、少し一人を楽しみたい人にはこの広さがいいかもしれません。


 倉式ブレンドコーヒーと、春限定の「いちごサンド」(530円)を注文。


 おおーコーヒーがサイフォンで出てくる!
 これはお得感あります!
 少し濃いめを一杯半、じっくり楽しみました。

 いちごサンドは「食パン2枚分に生クリームとカスタードやで!」とダイエット中の頭に危険信号が出ていましたが、軽いクリームと苺の酸味がさわやかな甘さになっていて、パンもふわっと柔らかく、ついつい……完食してしまいました。


 今回は「春の限定」につられていちごサンドを食べましたが、迷ったのはホット玉子サンドやフレンチトーストなどのモーニングの数々。


 カレーにドリアなど、ランチも充実しているようです。

 
 ママ友ランチにも使えて、いいですね!
 
 食べ過ぎたことを少々後悔しながら表に出ると……


 何やらお店のすぐそばに遺跡がある様子。

 


 南北朝時代の武将・楠木正成(くすのきまさしげ)の孫にあたる、楠正長(くすのきまさなが)という室町時代の人物の屋敷跡だそうです。

http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000009165.html

 楠木一門の慰霊のために仏の道に入り、同じく巽南にある定願寺を開き、97歳まで生きたとのこと。伝説が入っているのかもしれませんが、当時の人とすれば大変な長生きですね。


 定願寺(じょうがんじ)を調べるとお寺のブログがあり、中をのぞいたら前住職さんが急に亡くなられたとのことで、急に後を継ぐことになった住職さんの記事がありました。がんばって!と応援したくなりました。
http://定願寺.com/




 この立派なクスノキは、当時の楠木邸の名残とのことです。

 もう一つ、横には「日露戦争戦没者の碑」もあります。



 日露戦争は、日清戦争より多くの戦死者を出し、大阪市内にたくさんのこうした慰霊碑があるそうです。ここの碑には巽村出身者の名前が彫られています。戦後世代の人間にとって、太平洋戦争の戦没者の話を見聞きすることは多いのですが、こうして日露戦争で亡くなった生野の若者がいたことも、心に刻んでおきたいものです……。

 コーヒータイムの後には生野の歴史にも出会える「倉式珈琲 生野たつみ店」のご紹介でした。

【店舗情報】
「倉式珈琲 生野たつみ店」
生野区巽南3丁目11番17号
  • TEL:06-6755-5309
  • FAX:06-6755-5310
定休日:年中無休
営業時間:7時~23時(ラストオーダー22時)



ライター:編集部

一覧に戻る

  • 【踊る髭の生活 〜ベトナムよりいくのの皆さんへ〜】

    2019.03.23

    【踊る髭の生活 〜ベトナムよりいくのの皆さんへ〜】ハノイ...

  • 【いくのな思い出】「山内トップ」とともに(後編)

    2019.03.22

    【いくのな思い出】「山内トップ」とともに(後編)

  • 【Napor I kuno】-ナポリクノ-Vol.5「生野とナポリの甘い話 後編」

    2019.03.20

    【Napor I kuno】-ナポリクノ-Vol.5「生...

時間貸し駐輪車